立命館大学 山根研究室(スマート・マイクロメカトロシステム研究室)は、2020年4月にスタートした新しい研究室です。

当研究グループでは、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems、微小電気機械システム)技術を基盤として、ヒト・モノ・社会がシームレスにつながる今後のサイバーフィジカルシステム時代へ向けて、特に環境変化に自律的に対応できる“スマート”な機能を有した微小センサ/アクチュエータ/エナジーハーベスタなどの研究開発に取り組んでいます。

研究室の所属:理工学部 機械工学科
(兼)大学院理工学研究科 機械システム専攻「マイクロ機械コース」

Welcome to Yamane Group (PI: Daisuke Yamane) at Ritsumeikan University. English pages are coming soon…
PI’s information is available here.

  • 卒研配属希望の方はこちら
    (Those who plan to apply for the Undergraduate Programs, see here
  • 大学院進学を検討中の方はこちら
    (Those who plan to apply for the Graduate Programs, see here
  • 博士研究員の募集についてはこちら
    (Open Positions are available here

新型コロナウイルス感染拡大に対する立命館大学の方針

詳細:大学の新型コロナウイルス感染症に関する特設ページ
  • 研究活動にかかわる対応
    【対象期間】2020年9月23日(水)~当面の間
    【一部抜粋】
    1. 教職員の研究活動:教員研究室・実験室等において、感染防止策を講じたうえで、実験・研究を行うための活動が可能。接触機会低減のため、可能な範囲で自宅等での作業を推奨。
    2. 大学院生および学部生(以下、「大学院生等」と言う。)の研究活動:感染防止策を講じたうえで、実験・研究を行うための活動が可能。大学院生等が、RA、研究補助アルバイトとして研究活動に従事することも可能。接触機会低減のため、可能な範囲で自宅等での作業を推奨。
  • 新型コロナウイルス感染症に関する立命館大学における対応
    【対象期間】2020年9月23日(水)~当面の間
    【活動制限レベル】「レベル2」に相当 ⇒レベル別行動指針
    【一部抜粋】
    1. 授業:対面授業、対面+WEB授業、WEB授業のいずれかで実施。学部や研究科のよって方針も異なるので、シラバスを参照すること。
    2. 入構:感染防止策を講じた上で、入構可とするが、必要に応じて、施設等ごとの利用者数の調整を行う。
    3. 教職員の業務体制:感染防止策を講じた上で、通常の業務を行う。時差出勤や可能な業務について在宅勤務を可とする。

MENU