卒論配属を控えた皆さんへ

山根研究室のホームページを閲覧いただき、ありがとうございます。
本学の機械工学科内には魅力的で多種多様な研究室がありますので、卒論配属の研究室をどこにしようか迷っていることでしょう。特に、山根研究室は2020年4月に発足したばかりの新しい研究室ですので、皆さんの疑問に少しでもお答えできるよう、山根研究室の運営方針などの情報を Q&A 形式でお届けします。

教員や研究室生活について

  • 教員の経歴は? 
    東京大学で2011年に博士号を取得後、米国UCLAでの研究員、東京工業大学での助教を経て、2020年4月に立命館大学の准教授に着任しました。研究室自体は新しくスタートしたものの、教員の学生指導歴が短いわけではありません。
  • 教員の目指す研究室像は? 
    世界最先端の研究成果を継続的に発信し続け、日本を代表するMEMS・マイクロメカトロニクスの研究拠点にしたいと思っています。一方で、学生の皆さんにとっても居心地の良い研究室をつくりたいとも思っています。
  • 研究室の仕様は? 
    各自に専用のパソコン(SSD)・モニタ・机・椅子などを用意します。学生室の様子を知りたい方は教員まで気軽にご連絡ください。
  • コアタイムは? 
    特に定めません。各自のペースで着実に研究を進めてください。
  • アルバイトは? 
    アルバイトを通じて学ぶことも多いと思いますので、研究に悪影響が出ない限り特に制限しません。
  • 院試の勉強時間は? 
    進学のために大学院入試(筆記試験)を受験する場合には、十分な勉強時間が確保されるように配慮します。
  • 研究室内の情報交換は? 
    メールのやりとりを減らすため、全体連絡・個別連絡ともに、Slack に集約しています。ビデオ会議も日常的に行っています。
  • 研究室イベントは? 
    各種懇親会や研究室旅行など、皆さんと相談して行いたいと思っています。2020年5月現在、コロナウイルス感染拡大の影響で、新人歓迎会すら開けていませんが…。
  • 卒業後の進路は? 
    これまでのところ、全員が自主的に博士課程前期への進学を希望しています。進学後の就職先については大学院進学者向けのページ(今後準備予定)をご覧ください。

研究活動について

  • ゼミは? 
    週に1回、研究の進捗について発表してもらいます。また、教員から、研究の進め方やMEMS技術に関する基本事項の講義も行われます。毎回、全員が発言する活発な議論が生まれています。
    他にも週に1回、論文や書籍を用いた輪講を実施して、関連技術について自由に議論しています。
    ※2020年5月現在、コロナウイルス感染拡大の影響でオンラインで開催しています(週2回程度)。
  • 研究テーマの決め方は? 
    教員から候補を提示しますが、皆さん独自の提案も大歓迎です。得意分野や興味に応じて、よく相談し、納得してから研究テーマを決定してもらいます。
  • 予備知識は? 
    特に必要ありません。配属後に、基本知識を一通り講義します。
  • 英語力は? 
    現時点での英語力は問いませんが、研究を進める上で英語力は必要不可欠です。配属後、個々のレベルに応じて教員が指導します。
  • 研究指導者は? 
    教員による指導に加えて、適宜、学内外の共同研究者との共同実験・議論を通して研究スキルを学んでいただきます。
  • 共同研究は? 
    国内外の多数の研究機関・企業と共同研究を進めています。共同研究は実践的なテーマも多く魅力的ですが、その分責任をもって取り組む必要があります。
  • 学会発表は? 
    国内外問わず、積極的な発表を期待しています。発表練習は、ゼミの一環として行います。質の高い発表を準備するのは大変ですが、大きく成長できるチャンスでもあります。