特許|Patents

研究室内専用ページへ

その他|Others

講演

  1. 【招待講演】
    山根 大輔
    “IoT応用に向けた環境振動MEMSエナジーハーベスタ技術”
    日本学術振興会 分子ナノテクノロジー第174委員会 第67回研究会
    2019年12月11日, 神奈川県横浜市青葉区 三菱ケミカル SIC.
  2. 【招待講演】
    山根 大輔
    “振動から電気を生み出す環境発電について”
    新エネルギー委員会レクチュア,時代を刷新する会
    2019年11月6日, 東京都千代田区 参議院議員会館 地下1階 B105会議室.
  3. 【招待講演】
    山根 大輔
    “次世代IoT端末のための振動型MEMSエナジーハーベスタ技術,”
    ナノ茶論第3回セミナー(2019/7/5)
    川崎市ナノ・マイクロ技術支援講座
    2019年7月5日, 新川崎・創造のもり「NANOBIC」2階会議室.
  4. 【招待講演】
    山根 大輔
    “次世代IoT社会に向けたMEMS振動発電素子,”
    応用物理学会 シリコンテクノロジー分科会 システムデバイスロードマップ委員会 (SDRJ)
    第5回 BC(Beyond CMOS/ERM(Emerging Research Materials))合同委員会
    2019年3月28日, 慶應義塾大学 矢上キャンパス.
  5. 平成24年度 第2回奨励会特別研究委員会
    (2012.9.4  東京大学生産技術研究所)
  6. 平成22年度 第4回奨励会特別研究委員会
    (2011.2.22 東京大学生産技術研究所)
  7. 平成22年度 第2回奨励会特別研究委員会
    (2010.8.26 東京大学生産技術研究所)
  8. 平成20年度 第5回奨励会特別研究委員会
    (2009.2.20 東京大学生産技術研究所)

海外大学等での特別講義

  1. “CMOS-MEMS Accelerometer for sub-1g Detection”
    National United University, Miaoli, Taiwan, Dec.11, 2013

記事

  1. 山根 大輔
    部門記事「国際会議報告:The 12th Annual IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems (IEEE-NEMS 2017)」
    電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌), vol.137, no.7, P NL7_1, July 2017.
    DOI: http://doi.org/10.1541/ieejsmas.137.NL7_1

国際交流活動

  1. Nano and Micro Systems Workshop, National Tsing Hua University, Taiwan, Dec. 19-21, 2014
  2. Nano and Micro Systems and Marathon Workshop, National Tsing Hua University, Taiwan, Dec. 13-16, 2013
  3. Nano and Micro Systems and Marathon Workshop, National Tsing Hua University, Taiwan, Dec. 14-16, 2012
    (Jointly organized and supported by National Tsing Hua University and CIRMM/IIS/IST-The University of Tokyo)
  4. Nano and Micro Systems and Marathon Workshop, National Tsing Hua University, Taiwan, Dec. 16-18, 2011
    (Jointly organized and supported by National Tsing Hua University and CIRMM/IIS/IST-The University of Tokyo)
  5. Nano and Micro Systems and Marathon Workshop, National Tsing Hua University, Taiwan, Dec. 17-19, 2010
    (Jointly organized and supported by National Tsing Hua University and CIRMM/IIS-The University of Tokyo)